マーチャンダイジングとは? 商品を回転させていくことです!

どうも、吉井良平です。

今回は、マーチャンダイジング科目の第2回目で、「マーチャンダイジングとは?」について解説していきます。

 

マーチャンダイジングとは?

 

マーチャンダイジング・・・

前回も書きましたが、横文字でなかなかイメージがつかみづらいことはないですか?

私もなかなかイメージが湧きにくかったのですが、「商品を回すこと」と考えたら、頭の中がすっきりしました。

英語で merchant(マーチャント)とは商人のことで、商人が行なうことが merchandise です。

商人がやることと言えば、商売。商売とは、商品を仕入れて売ること。と考えてみましょう。

そうです、商品を仕入れて売ること、回転させていくことが、マーチャンダイジングです。

 

 

マーチャンダイジングの流れ

 

マーチャンダイジングは、お店で行なわれている業務そのもののことなので、いつも同じような流れが繰り返されています。

この流れを図に書いてみると、こんな感じです。

 

mc

 

一つ一つの業務に関しては、後の回で詳しく説明していくのですが、まずは概略を書いておきますね。

 

① 商品計画

 

mc1

 

まずは、お店の品揃え、商品構成を考えます。

どのようなお客さんに来て欲しいのか、ターゲットを考えて、そのお客さんの欲しいものを考えて、品揃えを決めていきます。

まずは品揃えが決まらないと、商品の仕入れがスタートしませんよね!

 

② 価格設定・棚割(たなわり)

 

mc2

 

品揃えが決まったら、お客さんが納得して、お店も適正な利益を確保できるよう、販売価格を決めます。

また、その商品をお店の中の「どこに、どのように」陳列していくか、棚に割り付けしていきます。

 

③ 仕入計画

 

mc3

 

商品計画で決めた商品を、どの取引先から、どのように仕入れるかを決めていきます。

 

④ 補充・発注

 

mc4

 

仕入計画によって決めた方法によって、商品を発注していきます。

(発注のうち、決まりきった定番商品を仕入れる場合は、補充といいます)

 

⑤ 荷受け・検品

 

mc5

 

商品が届いたら、商品を受け取って、ちゃんと発注した数量通り入っているか、不良品が混じってないかのチェックを行ないます。

 

⑥ ディスプレイ・販売

 

mc6

 

検品した商品を、②の棚割で決めた方法で、ディスプレイします。

ディスプレイしたら、商品が売れていきますね。

 

⑦ 価格変更

 

mc7

 

売れ行きの悪い商品、賞味期限などがあって売れ残りが困る商品などは、値下げをして売り切るようにします。

 

⑧ 商品管理

 

mc8

 

商品が余ったり不足していたりしないか、常に在庫を確認して管理します。

また、販売実績を確認して、良く売れている商品とあまり売れていない商品をチェックしていきます。

 

販売実績から、売れている商品、売れていない商品に関して、なぜそうなっているのかを分析することも販売管理です。

(例: テレビで有名人が使った、競合店が安売りをしている、予想していたより気温が暖かいので冬物が出ない、等々)

 

で、予想した原因を、また次の商品計画に生かしていきます。

(定番品、お店でいつも在庫している商品の場合は、いきなり補充発注に戻ります)

 

mc9

 

マーチャンダイジングとは、商品を仕入れて販売していくことですが、細かく分けると ① 〜 ⑧の作業を繰り返していくこと! です。

 

PDSサイクルを回す

 

PDSサイクルという言葉を聞いたことがありますか?

Plan(計画)、Do(実行)、See(検証)の頭文字で、計画して実行して、その結果を検証して、また計画するという流れです。

pds

 

日常の言葉で言うと、考えて、やってみて、反省して、また考えて、ということですね。

マーチャンダイジングの流れも、この PDSサイクル を回していくサイクルです。

ただ漫然と流れ作業でやっていると、業績は上がりませんよ!

 

pdsmc

 

 

チェーン店のマーチャンダイジングサイクル

 

独立した一つのお店であれば、①〜⑧のマーチャンダイジングサイクルを一つのお店でやっていますが、チェーン店(記憶が曖昧な方は、こちら)の場合は、計画にあたる部分は本部が行なっています。

実行の部分はお店でやるという、本部と店舗で役割分担をしているんですね。

 

検証は、お店が個別に行なう検証と、本部が全体的に行なう検証の、両方があります。

チェーン店システムを理解するのに、おさえておいて下さいね。

 

今日は短いですが、おおまかな流れを把握しておこうということで、以上です!

 

まとめ

 

・マーチャンダイジングとは、商品を仕入れて販売することです。

・マーチャンダイジングには、商品計画から商品管理までの一連の流れがあります。

・マーチャンダイジングサイクルは、PDSサイクルです。

・チェーン店の場合、計画にあたる部分は本部が行ない、実行にあたる部分は店舗が行なうという、役割分担をしています。

 

 

本日は、ソギュウ(危険な刑事)がお届けしました!

jiabu

デカというより、みうらじゅん氏ですね! (私はそこそこみうらじゅんファンです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

昭和48年広島県生まれ。現在も広島に住んでいます。 趣味は音楽鑑賞(邦楽、洋楽問わず、クラシック、童謡も)、マンガです。エクセルを効率的に使う方法を紹介して、あなたのお役に立ちたいと思っています。