1日がかりの請求書作成作業が1時間に!岐阜県の建設業竹内組様の事例

こんにちは、運営者の吉井良平です。

 

今回は、私が作ったエクセルファイルを使っていただいている、岐阜県の建設業 竹内組の社長、竹内玲央奈様との対談形式でお送りします。

竹内さんは、とび職の親方として独立されて7年目。岐阜県下から名古屋にかけて幅広く活躍され、社員も2名いらっしゃいます。

どうしてファイル作成を依頼していただいたんですか?

 

吉井
こんにちは!今日はよろしくお願いします。

竹内さん
こちらこそ、よろしくお願いします。

吉井
さっそくですけど、どうしてファイルの作成を依頼していただいたんですか?

竹内さん
たまたま中古車に関するブログを読んでいて、吉井さんのマクロに関する記事を読んだんですよ。

それで、これは自分の業務に役に立ちそうだということで、問合せをさせていただきました。

中古車買取ルポさんの記事:「たった3時間のエクセル・マクロ講座で世界が変わった話

吉井
業務上で、何か困ってることがあったんですね。

竹内さん
そうなんです。

おかげさまで仕事は順調なんですけど、毎月の請求書の処理が大変で・・・

締日になると、手帳からその月の現場と人数をひろって、エクセルの請求書に入力していたんです。

請求漏れが無いように、何度も手帳と請求書をチェックしながら、多い月には、ほぼ丸一日かかって請求書を作っていました。

吉井
それは大変ですね・・・

 

実際に使ってみていかがですか?

吉井
それでご依頼をいただいて、毎日の業務日報から請求書が発行できる仕組みを作ってみました。

使ってみての感想はいかがですか?

竹内さん
今までは何もない状態から、手帳からひろい出して請求書を作ってましたけど、エクセルがバーッと作った請求書をみて、後からチェックをするだけなんで、もう、すごい楽ですね。

吉井
そうですよね^^

やっぱり一ヶ月分を一気に入力するのって大変ですけど、1日分の入力だけだったらそんなに時間もかからないし、楽ですよね。

竹内さん
まず、ミスが起こりにくくなるというのは大きいですよね。

まっさらな状態から作るのって、やっぱり人間の作業なもんでミスがあるので、入力するのも大変なんです。

ミスが無いように、ミスが無いように、って気を付けながら入力するのって、精神的に疲れるというか、ものすごいストレスなんですよね。

この仕組みだと、後からチェックをするだけなんで、もう、それだけでもすごい楽で効果があります。

吉井
いい感じで動いてますね^^嬉しいです。

 

どんな方におススメしたいですか?

 

竹内さん
こうやってエクセルを使って管理してる会社って、そんなに大きい会社じゃなくて、うちみたいな自分で何でもやる会社ですよね。

そういうとこって、高いソフト、何十万から百万円近くするんですけど、そこまでは出せないし、エクセルで自分でちょこちょこやれば良いですからね。

吉井
そんなにするんですね

竹内さん
まだもうちょっと使ってみてから、というところはありますが、これでずっと問題なければ、僕も自信を持って周りに勧めます。数万円でできるんですからね。

吉井
満足していただいてありがとうございます^^

僕もこれまで接したことのない業界だったんで、楽しく仕事をさせてもらいました!

もし何か問題が発生したら、遠慮なく言ってくださいね。

 

まとめ

 

今回は、エクセルのマクロを使って、作業日報からデータベースを作って、データベースから請求書を作成する仕組みを作りました。

もし、エクセルでの請求書の作成に時間がかかっている方がいらっしゃれば、お力になれると思います。

相談は無料ですので、ご遠慮なくお問合せくださいね。

お問い合わせ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

昭和48年広島県生まれ。現在も広島に住んでいます。 趣味は音楽鑑賞(邦楽、洋楽問わず、クラシック、童謡も)、マンガです。エクセルを効率的に使う方法を紹介して、あなたのお役に立ちたいと思っています。