あなたのあの記事、読まれてる? 記事別のPV数をエクセルマクロで簡単管理!

こんにちは、ソギュウです。

先日来、エクセルマクロの投稿が続いて、サイト名も「創作エクセル工房 素牛庵」に変更してしまいました!

あなたのエクセル作業時間を短縮させるため、頑張っていきます!

 

ところでブログを書いている方、あなたのブログのどの記事が読まれていて、どの記事が読まれていないか、把握されていますか?

 

・・・ワタクシは把握していませんでした。。

これではいかん!と思って、ブログの記事ごとの PV数を把握するエクセルマクロを作りましたので、紹介しますね。(最後にダウンロードが出来ます。ごめんなさい、ワードプレス限定です。)

CSVのダウンロードから、1分程度 で表ができるはずです。

 

2016年3月21日追記

実際に使ってみて、グーグルアナリティクスのPV数と比較したところ、やはり誤差があります。

この方法は、あくまで「まったく読まれていない記事を確認する方法」「SNSでのシェア数を確認する方法」として使っていただいて、PV数に関しては大まかな傾向、参考値としてとらえてください。

あと、ワードプレスのテーマによっては出力される項目が違うので、うまく行かない場合もままあると思います。ご要望があれば手直しします。

 

まずはプラグインをインストール

 

WP Post Visit Count

 

まずは、ブログの記事ごとの PV数を確認する「WP Post Visit Count」というプラグインをインストールします。

(これは、IT軍師やまもとけんたさんから教えていただきました。感謝! ただ、私のサイトでも「WP-post-view」が動いてなかったので、この記事の2番目に書いてある「WP Post Visit Count」にしています。)

「記事の閲覧数が直ぐに分かる「WP-post-view」で記事の断捨離を今すぐ実行だ!」

 

インストールの方法は、ダッシュボードからプラグイン → 新規追加で、WP Post Visit Count を検索してインストール → 有効化 です!

 

これで、プラグインを有効化してからの 記事別のPV数が分かるようになります。

03149

最初は非常に寂しい数字

 

WP CSV Exporter

 

このままだと、ダッシュボードの投稿一覧に PV数が表示されるだけです。すべての記事のPV数を見るには、投稿一覧をずっと見ないといけなくなるので・・・時間がメチャクチャかかります。

なので、このデータを csvというテキストファイルでダウンロードして、エクセルで使えるようにします。

プラグインを開発者された方の記事を紹介してみますね。

「WordPressの記事をCSVでダウンロードできるWP CSV Exporterプラグインを作ってみた」

 

インストールの方法は、ダッシュボードからプラグイン → 新規追加で、WP CSV Exporter を検索してインストール → 有効化 です!

 

CSVファイルをエクスポート

 

プラグインのインストールが完了したら、CSVファイルをエクスポートします。

 

① ダッシュボードの「ツール」から、CSV エクスポートを選択します。

 

0314

 

② エクスポートする項目を選びます

記事本文はデータが大きいのでチェックを外してください。

(後のエクセルマクロも正常に動かなくなります)

03142

 

文字コードは、Shift_Jis を選択してください。

UTF-8だと、エクセルが読み込んでくれません。

 

03143

 

これで、CSVへのエクスポートが完了です!

 

エクセルにインポートする

 

エクスポートされた CSV ファイルを、エクセルに取り込みます。以下の画面は、Excel2013の画面での説明です。バージョンが違う方は、スミマセン。

まずは、こちらのエクセルをダウンロードしてください。

(マクロ機能を有効にしないと、動作しません。ワタクシのパソコンは、ウィルスバスターが駐在しているので問題ないと思いますが、万が一の場合は免責とさせてください。)

 

ダウンロード

 

 

① データタブから、テキストファイルを選択

 

03144

 

② テキストウィザードが出ます。

先頭行を、データの見出しとして使用するにチェックして、次へ。

03145

 

区切り文字のチェックを、カンマ にする。

(覚えにくい方は、ハンマーカンマ―と覚えてください。お笑いが好きじゃない方はなんのこっちゃですがw)

03146

 

次へ、に行っていただいても大丈夫ですが、次の画面では特にすることがないので、完了でOKです。

 

③ データ取り込み確認画面

CSVファイルを、一つのシートとして取り込みます。

間違えて、シートに直接データが貼りついてしまった場合は、もう一度最初からやり直してくださいね。

 

03147

 

これで、エクスポートされたデータが、シートとして追加されたはずです!

 

 

031410

こんな感じです

 

エクセルのマクロ機能を使う

 

先ほどのエクセルファイルには、2つのマクロがついています。

 

記事ごとのPV数を順位別に表示する

 
031411
上側の緑のボタンです。記事ごとのPV数が、多い順に並んで出てきます。出てきた表は、見やすいように不要な列は削除してくださいね。とりあえず、いろんな項目は残したままにしています。

 

これまでの推移を表示する

 

下側の青のボタンです。(緑のボタンを押してからじゃないと、上手く動きません! 全部一気に処理した方が良かったかも、と思いつつ)

単純にデータベース化して、ピボットテーブルにかけているだけですが、毎週○曜日、とエクスポートする日を決めておけば、毎週の記事の人気度の移り変わりが分かるはずです。

(ワタクシも、作ったばっかりで、実際に実感していないのです)

 

エクセルなので、PV数ごとに並べ替えたり、グラフを作ってみたりと、自由に使えます。

カテゴリーごとに分析したい場合は、「閲覧DB」シートから直接ピボットテーブルを作ってみてください。

 

(・・・そういえば、横着をして1つダミーデータが入っているので、削除してください。。)

 

最後に

 

まだ作ったばかりなので、見栄えなど全く気にしていません(w)

ここはこうしたら、というのがあれば、お気軽にご意見いただければと思います。

お問い合わせ

 

あなたのブログライフに、少しでもお役に立つことが出来たら幸いです!

 

グーグルアナリティクスのデータ分析はこちら!

 

今後とも、素牛庵を宜しくお願い申し上げます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

昭和48年広島県生まれ。現在も広島に住んでいます。 趣味は音楽鑑賞(邦楽、洋楽問わず、クラシック、童謡も)、マンガです。エクセルを効率的に使う方法を紹介して、あなたのお役に立ちたいと思っています。