包装の意味と種類を知ろう!

こんにちは、吉井良平です。

 

ほとんどの商品は、むき出しの状態ではなくて、何らかの包装に包まれて販売されていますよね。

今回は、その包装についてみていきましょう。

 

包装とは

 

包装とは、「包んで装う」ことです。(装う=よそおう、衣装、服装のように、飾りたてること)

 

何のために包むのか? → 商品を保護するためです

何のために装うのか? → 商品を販売しやすくするためです

 

と考えると、分かりやすいですね。

英語だと、パッケージで、パックすることです。

 

包装の種類

 

一般的に、包装には個装、内装、外装の3種類あります。

 

 個装

個別の商品を包んでいる包装です。

 内装

個装を外部の衝撃から守るための包装です。

 外装

大量に運びやすいように、内装を適当な数(ダース単位など)で、ダンボール等にまとめた包装のことです。

ちょっと分かりにくいかもしれませんので、具体的に見てみましょうね。(私の好きなリッツで)

 

これが個装です。

 

クラッカーが湿気を吸収して、サクサク感が落ちることがないように、包装しています。

 

これが内装です。

 

クラッカーが割れてしまわないよう、紙箱で包装されています。

リッツの場合は内装単位で販売されているので、商品の原材料表示、販売促進のためのキャッチコピーなども印刷されています。

 

工場から出荷するとき、この内装を出荷単位でダンボールに詰めているのが、外装です。

 

商品によっては、個装と内装が一緒になっていたりしますが、基本は個装、内装、外装の3種類です。

 

包装の意義

 

商品がむき出しで販売されているのではなく、包装されている意味をもう少し詳しくみていくと、包装には4つの意義があることが分かります。

 

① 商品の保護

商品がむき出しのままだと、壊れやすかったり痛みやすかったりしますね。

壊れやすいものは、発泡スチロールで保護されていたり、湿気に弱いものは真空パックになっていたり、と、包装によって商品を破損、劣化から防いでいます。

壊れにくい商品でも、輸送中に汚れたりするので、どんな商品でも汚れ防止として最低限の包装があります。

② 取扱いが便利になる

先ほどのリッツもそうですが、あまり細かい商品だと、一つ一つ販売していられません。商品を販売する側も、商品を買う側も、1つ1つを売ったり買ったりしていると、とても手間がかかります。

そのような商品には、包装によって 販売単位 を作ります。

また私の好きな商品でスミマセンが、のど飴を例にあげてみます。

IMG_0511

中を開けてみると、飴が11個入っていました。

飴も1個1個、販売していると効率が悪いので、11個で販売単位になっているんですね。

外装も、入数(いりすう)といって、12個単位とか24個単位とか、流通させる単位が決まっています。

包装によって取り扱いを便利にして、効率を良くしています。

③ 販売促進

包装のデザインによって、商品の魅力を高めています。また、他社の商品との差別化につながり、メーカーの販売促進になります。

リッツの箱の裏側も、いろんな食べ方を提案しています。「今度はこの食べ方で食べてみようか」と、またリッツを買いたくなりますよね。

IMG_0508

 

④ 情報伝達の手段

法律で、賞味期限や原産地表示などの情報を、商品に明示することが求められています。

包装によって、賞味期限や原材料表示、原産地表示など、法律で決められていたり、消費者にとって大事な情報を伝達しています。

バーコードの表示(第23回参照)も、情報伝達の一種です。

生鮮食品(肉や魚)は、お店で販売単位にカットすることが多いので、食品トレーにラップを巻いて、その上から必要な情報をシールで貼り付けします。

お店で必要情報を付けることを、インストアマーキング といいます。メーカーや卸売業者で必要情報を付けることを、ソースマーキング といいます。

インストア(店の中)と、ソース(源、元になるもの)です。

ウスターソースのソース(sauce)じゃなくて、原因や源流などのソース(source)です。

インストアマーキングとソースマーキングの違いも、試験に出ていたことがありましたので、覚えておいてください!

 

まとめ

 

・包装には、個装、内装、外装があります。

・包装の意義は、商品の保護、取扱いの便利、販売促進、情報伝達の4つです。

・お店で必要情報を付けることを、インストアマーキングといいます。

・メーカーまたは卸売業で必要情報を付けることを、ソースマーキングといいます。

 

今回は以上です。次回は、ギフトなどの具体的な包み方に関してです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

昭和48年広島県生まれ。現在も広島に住んでいます。 趣味は音楽鑑賞(邦楽、洋楽問わず、クラシック、童謡も)、マンガです。エクセルを効率的に使う方法を紹介して、あなたのお役に立ちたいと思っています。