あなたは誰が好み? 日本近代ヒゲランキング!

こんにちは、吉井良平です。

 

ヒゲは男の憧れ・・・???

僕は体毛が薄い方で、立派なヒゲをはやしている人を見ると、ちょっと憧れを感じてしまいます。(どうでも良い話ですが)

 

今回は、日本の歴史の中で、印象的なヒゲの方をランキング形式で紹介してみます。

 

第10位 陸奥宗光

 

mutu

不平等条約の改正(領事裁判権の撤廃)に功績のあった陸奥宗光さんです。唇から下が、なかなかボーボーに生えています。

陸奥宗光は、ヒゲもさることながら顔が細長いというか・・・ちょっと印象的な顔立ちですよね。

 

第9位 森有礼

 

Arinori_Mori_2

初代文部大臣の森有礼さんです。日本の国語を英語にしようとしたことでも有名です。

写真を撮るということでヒゲも整えたんでしょうけど、ものすごく整ったヒゲです。密度も濃い。

ちょっと毛が固めの印象がありますね。ブラシにも出来そうなヒゲです。(失礼ですけど)

 

第8位 青木周蔵

 

Aoki_Shuzo

ちょっとマイナーですが、この方も不平等条約の改正をしようと頑張られた方です。

形が扇形、下側部分が美しい円になっています。鼻の下からコンパスを回したいぐらいです。

 

第7位 頭山満翁

Toyama_Mitsuru

戦前の右翼の巨頭、頭山満翁です。(呼び捨てしたら怒られそうです)

見事な白ヒゲで、ふわふわしてそうですね。

もし会ったら恐ろしい威圧感だったと思います。

 

第6位 谷干城

 

Tani_Tateki

西南戦争で、西郷隆盛軍に対して熊本城で籠城した方です。政治家としても活躍されました。

よくあるヒゲですが、鋭角に飛び出た部分が、鋭さを感じさせます!

 

第5位 杉浦重剛

 

Jugou_sugiura

昭和天皇に帝王学を教えられた方です。すごい迫力・・・

アゴの部分だけ特別に長いというのがポイントですね。普段のお手入れというより、アゴの部分だけヒゲが伸びるのが早かったんじゃないでしょうか。おそらく。

 

第4位 大久保利通

 

Toshimichi_Okubo_4
教科書にも載っている明治維新の立役者、大久保利通さんです。

アゴの部分は丁寧に剃ってあるのに、ほほの部分がこれでもか!というぐらいボーボーですね。

威厳を出さないといけない立場だったので、こういうヒゲにしたのかもしれませんねぇ。

(もっとも、ものすごく厳しい人でむちゃくちゃ威厳があったようです)

 

第3位 河野広中

 

Hironaka_kohno

自由民権運動の闘将、河野広中さんです。この形は、第2位の方に対抗したのでしょうか・・・?

左右に美しく流れるフォルム、背景が透けて見える微妙な密度・・・

いったい、ヒゲのセットにどのぐらいの時間をかけていたのか、気になります。

 

第2位 板垣退助

 

Itagaki_Taisuke

ヒゲというと、この方を思い出す方も多いのではないでしょうか?

お手入れの部分では、後輩の河野広中氏にやや劣るものの、中央からワシワシと分けたモリモリ感がたまりません。ずっと見ていると、富士山を思わせます。

アゴヒゲと口ひげが相似状態になっているのもニクイところです。

 

第1位 長岡外史

 

板垣退助を超えるヒゲがあるのか?と思うかもしれません。

長岡外史?誰?と思うかもしれません。

 

長岡外史さんは、陸軍の軍人で、日本飛行協会の初代会長です。陸軍にスキーを導入して、日本のスキーの父でもあります。

 

肩書はいいから、早く見せろって?

ちょっと心を落ち着かせてください。

 

いいですか・・・

 

いきますよ・・・

 

 

Gaishi_Nagaoka

 

なんと、帝国飛行協会だけに、ヒゲがプロペラの形になっているのです!

空を飛んでいきそうですね!

 

 

最近はヒゲをたくわえている方もあまり見ませんが、たまにはこういう個性があっても面白いかなぁ、と思います。

ということで、今回はヒゲランキングでした!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

昭和48年広島県生まれ。現在も広島に住んでいます。 趣味は音楽鑑賞(邦楽、洋楽問わず、クラシック、童謡も)、マンガです。エクセルを効率的に使う方法を紹介して、あなたのお役に立ちたいと思っています。