初めてのGoogleフォーム:作り方と活用方法を紹介します!

こんにちは、吉井良平です。

 

新しいサービスを始めるにあたり、お問合せフォームをGoogleフォームで作ってみました。

実際にいろいろ使ってみると、今さらながらに「これってメチャクチャ便利じゃん!」と、さすがGoogle様だと感服している次第でございます。

一般的にはGoogleフォームはアンケートで使用することが多いと思いますが、Googleフォームの使い方は、アンケートだけではございません。

こういったブログのお問合せフォームとして使えたり、ふだんの仕事で名簿を入力したりすることにも使えます。

今回は、そんなGoogleフォームを初めて使う方に向けて、Googleフォームの作り方と使い方について、余すところなく紹介していきます!

 

実践的な内容にしたいということで、今回初めてGoogleフォームを作る方とのセミナー形式で紹介していきますね。

セミナーを受けていただいたのは、千葉県市川市で「馬場助産院 たんぽぽYOGA」を運営されている馬場佐希子さんです。(2回目の登場です)

馬場さんは、ヨガの会員さんのアンケートや、ブログのお問合せフォームに、Googleフォームを使ったらどうかな?と考えていらっしゃるようです。

 

Googleフォームの作り方

 

吉井
こんにちは!今日はよろしくお願いします。

馬場さん
こちらこそ、よろしくお願いします。

吉井
前回、Googleスプレッドシートで顧客管理をする方法を紹介しましたが、会員さんの入力はGoogleフォームでもできます。

アンケートをとったり、ブログのお問合せフォームにも使えるので、今回はGoogleフォームの使い方を紹介しますね。

 

新規フォームの作成

 

吉井
Googleフォームは、Googleドライブの画面から作り始めます。

Googleドライブの画面から、左上の新規 → その他 → Googleフォームを選んでください。

Googleフォームの作り方1

Googleドライブの画面です

吉井
そうすると、新しいフォームができましたよね

馬場さん
できました。

吉井
では、肝心の質問を作っていきましょう

 

フォームのタイトルを設定する

吉井
まず最初に、このフォームのタイトルをつけてください。赤枠で囲んだ部分です。

フォームのタイトル

フォームのタイトル

吉井
一番左上のフォーム名(下線を引いている部分)は、クリックしたらフォームタイトルと同じ名前にすることができます。

馬場さん
できました。

吉井
じゃあ、今回はアンケートを作るイメージで作っていきますね。

もう、ここに質問と回答形式をどんどん入力していくだけですよ。

 

質問と回答を作る

記述式の質問

吉井
まずは、名前を記入する欄を作りましょうか。

質問を入力する欄に、お名前と入力してください。

馬場さん
入力しました。

吉井
Googleフォームでは、質問に対してどういった形で回答を入力できるか、を設定することができます。

名前の場合は「記述式」になるので、右側の「ラジオボタン」って表示されているところをクリックして、「記述式」を選んでください。

Googleフォームの作り方2

回答する形式の変更方法

馬場さん
ラジオボタンって何ですか?

吉井
ラジオボタンというのは、その質問に対して一つしか回答できない場合に使うボタンのことです。

馬場さん
あー、男性と女性とか、こういう丸をポチッとするボタンのことですね。

吉井
そうです、そうです。あとは、20代、30代、40代とかも、そのうち一つしか選べないですよね。

ラジオボタンという言葉は、知っておくと、ちょっと得することがあるかもしれません^^

で、名前は記述式なので、回答の種類に記述式を選んでください。

で、次の質問を作るのは右側にある「+」マークをクリックします。

Googleフォームの作り方3

質問を追加する

吉井
じゃあ、次はメールアドレスの欄にしましょう。

これも記述式なので、名前と同じように設定していきます。

馬場さん
お名前とか、メールアドレスとか、必ず入力してもらいたい場合はどうするんですか?

吉井
必ず入力してもらいたい項目は、右下にある「必須」という部分をクリックして、必須項目にできますよ。

Googleフォームの作り方4

必須項目の設定

 

選択式の質問

吉井
次は、性別欄を作ります。

さっき出てきましたけど、男か女か、みたいなどちらかしか回答できない質問は、ラジオボタンで回答してもらうように設定します。

Googleフォームの作り方5

ラジオボタンでの回答

 

吉井
次は、趣味の欄を作りましょうか。

趣味みたいに、一つだけに回答が絞れない場合は、チェックボックスというのを使います。

複数の回答を可能にする場合は、チェックボックスです。

馬場さん
ラジオボタンは丸で、チェックボックスは四角ですね。
Googleフォームの作り方6

チェックボックス

 

吉井
次は、プルダウンの例として、お住まいの都道府県の欄を作ってみます。

プルダウンは、ラジオボタンと同じように、どれか一つを選ぶために使う形式ですが、項目がたくさんある場合に使います。

Googleフォームの作り方7

これがラジオボタンだったら大変です。

馬場さん
これ作る時にはずらずらっと表示されますけど、実際に利用する方が入力する時には、どんな風に表示されるんですか?

吉井
実際の入力画面が気になる場合は、フォームの一番先頭まで戻ってもらって、上の方に目のアイコンがあります。

ここをクリックすると、今作ってるのフォームがどんな感じに見えるのか、実際の入力画面を見ることができますよ。

Googleフォームの作り方8

プレビューボタン

 

馬場さん
分かりました。

このプルダウンは、レッスンの予約を受け付けるのに、10:00、10:30、11:00とか時間を設定しておいて、その中から選んでもらうのにも使えますね。

 

少し難しい選択式の回答

吉井
次は、均等目盛りというのを使ってみますね。

満足度の調査なんかで、5が大変満足、1がかなり不満、みたいになっている、5段階評価のアンケートってありますよね。

そういう場合は、均等目盛りというのを使います。

だいたい5段階評価が多い思いますが、0 ~ 10までの目盛りを作ることができます。

Googleフォームの作り方9

均等目盛り

 

吉井
最後に、選択式(グリッド)というのを使ってみます。

これもラジオボタンの一種ですが、同じような質問が並ぶ場合に、一つずつ質問を作るよりも、一気に質問を表示して、一気に回答してもらった方が便利な場合があります。

説明するよりも、見た方が早いと思うので、実際に作ってみますね。

行(縦方向)に教科の名前を入れて、列(横方向)に好き嫌いを入れてみました。

Googleフォームの作り方10

行に教科、列に好き嫌いを入れてみた場合

吉井
これを、さっきの目のアイコンを押してプレビューすると、こんな感じになっています。
Googleフォームの作り方11

表形式の回答フォーマットができてます

吉井
選択式(グリッド)の回答形式だと、こんな風に一気に回答をすることができます。

 

日付と時間

吉井
あとは、日付と時間を指定することができます。

それぞれ、回答形式のところに、日付、もしくは時間と指定すれば大丈夫です。

Googleフォームの作り方12

日付の指定

Googleフォームの作り方13

時間の指定

 

吉井
あと、そういえば記述式は、短文と長文が指定できますが、設定できる回答の種類はこれだけです。

結構、かんたんに作れますよね。

馬場さん
なるほど~

アンケートはすぐ作れそうですね。

 

外観(見栄え)を調整する

吉井
入力フォームって、今のままだとちょっと色的に重々しい感じがしますよね。

一番上にパレットのアイコンがあるので、ここから見た目を調整していきましょう。

Googleフォームの外観調整

見た目の調整をします

吉井
背景の色の調整は、この中から好きな色を選ぶだけです。

Googleフォームの見栄えの調整2

お好きな色を選んでください

馬場さん
かんたんですね~

吉井
この中で、一番右下の分だけ色じゃないんですけど、これを選ぶと背景に写真やイラストを設定することもできます。

Googleフォーム外観調整3

一番右下を選ぶと・・・

Googleフォーム外観調整4

背景に写真やイラストを設定することができます

吉井
馬場さんの場合は、助産院なので子供向けを選んでみましょうか。

かわいらしいイラストを設定できますよ。

馬場さん
え~、すごいですね。

吉井
本当、すごいですよね~。

 

入力できるようにする

吉井
これでひとまずはフォームが出来たので、入力できるようにしてみましょう。

右上に、送信というボタンがあるので、そこをクリックしてみてください。

Googleフォームの作り方16

送信ボタン

吉井
送信を押すと、どのような形で、作ったGoogleフォームのアドレスを連絡するか、選ぶことができます

メールを選ぶと、入力フォームのアドレスをE-MAILでお知らせすることができます。

リンクは、ブログやホームページにリンクアドレスを貼る場合です。

埋め込みは、ブログやホームページに、このフォームを埋め込む場合に使います。

右上のソーシャルのボタンは、それぞれGoogle+、facebook、twitterに、このフォームを投稿することができます。

Googleフォームの送信方法

アドレスをお知らせする方法を選択する

吉井
では、さっそく試しに回答してみましょうね。

 

回答と集計

馬場さん
回答してみました。

吉井
僕も回答してみました。

で、回答すると、さっきのフォームの「回答」タブのところに、数字が出てきます。

Googleフォーム回答確認

回答数が出てきます

吉井
で、回答という文字をクリックすると、なんと自動的に集計されているのです!

Googleフォームの集計

グラフも自動的に出てくるのです

馬場さん
あーこれは、便利ですね^^

吉井
これだけでも十分便利なんですけど、この回答結果をGoogleスプレッドシートに落とし込むこともできるんです

右上の緑色のボタンを押してくださいね。

Googleフォームからスプレッドシート作成

スプレッドシートもできます

馬場さん
え~、そんなのあるんですね~。スゴイです。ふふっ

吉井
これ、本当に便利ですよね~。

Googleスプレッドシートからエクセルに落とし込むこともできるので、やろうと思ったらエクセルでの加工もできます。

馬場さん
じゃあ、今、会員さんに登録時にプロフィールを紙に書いてもらって、それをパソコンで入力しなおしてるんですけど、Googleフォームにして家で入力してもらったりするといいんですね。

プロフィールを書くのに、初回は少し早く来てもらうようにしているんですけど、それもしなくてよくなりますね。

吉井
そうです、そうです。

これ、スマホから入力もできるので、わざわざパソコンを立ち上げなくても良いですしね。

リンクアドレスをQRコードにして印刷して置いておけば、その場で入力してもらっても良いですし。

QRコード変換ソフトは、検索すれば無料のものがあります。

QRコード変換ソフトは、検索すれば無料のものがあります。

馬場さん
一つのフォームに対して、一つのスプレッドシートができるということですよね。

新しく回答された分は、そこにどんどん溜まっていくんですよね。

吉井
そうです、そうです。

 

フォームの修正や細かい設定など

 

馬場さん
これ、一回作ってから、後から「この質問は必要なかったなぁ」「この質問を追加したいなぁ」って、変更することはできるんですか?

吉井
質問を削除したり、追加することもできますよ。

質問を追加した場合は、質問の順番が入れ替わったりするので、質問の位置をドラッグして順番を入れ替えてくださいね。

Googleフォームの質問順番変更

質問の順番は、ドラッグで変更できます。

 

馬場さん
あと電話番号とか、メールアドレスとか、たまに間違って入力する人がいるじゃないですか。

そういうのって、このフォームでチェックすることってできるんですか?

吉井
その点は、あまりうまく対応できてないみたいなんですよ。

とりあえず、データの入力規則という機能があって、ある程度まではチェックをすることができます。

電話番号だったら10文字以上じゃないとエラーにするとか、メールアドレスだったら@が入ってないとエラーになるとか、現状はそのぐらいまでしか設定ができません。

この辺は、グーグルの機能向上を待ちましょう^^

Googleフォームの細かい設定

データの入力規則

Googleフォームのメ―ルアドレス入力

メールアドレスは、テキストにして、メールアドレスと指定する

 

 

応用方法

 

馬場さん
アンケートはこれで作れそうですけど、実際にアンケートをとるのって、サービスを提供したすぐ後に、その場で書いてもらった方が回収率が上がりますよね。

吉井
そうですね。その場で書いてもらった方が、回収率は高いと思います。
馬場さん
そう考えると、私はアンケートにはあまり使わないかな、って思うんですけど・・・

吉井
Googleフォームって、ユーザーさんに直接入力してもらうだけじゃなくて、自分自身もこれで入力できるんです。

なので、アンケートは紙でとっておいて、自分で入力するのはこのフォームで行うと、わざわざ集計する必要がなくなるので、そういう使い方もできますよ。

馬場さん
あー、なるほど~。

でも、1人で10人分とか入力できるんですか?

吉井
これは、1人1回に回答を制限することもできるし、1人で何回も回答できるようにもできるし、自由に設定できるんです。

一番上の、歯車のアイコンをクリックすると、設定というのが出てきます。

ここで、1人1回に入力を制限したり、しなかったりできます。

Googleフォームの使い方1

入力回数の制限

吉井
あと、設定のプレゼンテーションから、1回入力し終わったあとで、連続して次に入力できるようにするかも選べます。

Googleフォームの使い方2

設定のプレゼンテーション

吉井
なので、お客さんに入力してもらう場合は、1人1回にしておいて、次の入力もできないようにしておいた方が良いですね。

自分で入力する場合は、何回でも入力できるようにしておきます。

馬場さん
お客さんに入力してもらう場合は、プレゼンテーションの確認メッセージも、「ご回答ありがとうございました」とかにしておいた方が良いですね。

 

ブログなどのお問合せフォームとして使う場合

馬場さん
あと、Googleフォームってこんなに便利だったら、こういうブログとかのお問合せフォームにも使えると思うんですけど、あまり使ってるの見ませんよね。

なんでなんでしょう?

吉井
なんででしょうね??

まぁ一つには、自動返信メールが送れないというの理由があるでしょうね。

馬場さん
でも、たまに自動返信メールが送られてくる場合もあるような気がしますけど・・・

吉井
これは、そのままの機能だと、自動返信ってできないんです。

ちょっとしたプログラムを付け加えると、自動返信メールが送れるようになります。

この辺は少し難しくて話が長くなるので、これはまた次回に、自動返信のプログラムの作り方を紹介しますね。

馬場さん
メルマガの登録なんかは、気軽に登録してもらえるよう、今のフォームで問題ないんですけど、たまにしっかり書いて欲しい場合もあります。

そんな場合は、今ブログで使ってる問合せフォームより、Googleフォームの方が楽だし、集計もできるので良さそうです。

 

次回予告

 

今回は、Googleフォームの作り方と使い方を、実践形式で紹介しました。

僕も使ってみてすごく便利だということを今更ながらに発見したので、積極的に紹介していきます。

今回作ったフォームは、下記のリンクから確認できます。

自動返信メールも動くようにしてあるので、どんな感じでメールが届くのか興味のある方は、入力してみてくださいね。

私の方では回答の中身は確認しませんので、名前とかコメントは適当で構いません。

(あまりいないとは思いますが)逆に、私宛てにメッセージを記入されても、私は回答を見ることが無いと思いますので、マジメなことは書かないでください^^

ここをクリックすると、今回作ったフォームが開きます。

ということで、次回はGoogleフォームから自動返信メールを発信する方法についてです!

↓ 次の記事はこちら ↓

ブログのコンタクトフォームにGoogleフォームを使用する方法

15 件のコメント

  • はじめまして。
    Googleフォームの作り方参考にさせていただきました。
    配布用のリンクを確認したら右上に鉛筆のマークのようがものがあり押すと編集画面になります。
    これは作成者のみに表示されますか?
    様々な方のGoogleフォームを見るとそのようなマークは出ていないので不安です。
    iPhoneで作成しました。
    わかりましたらご回答願います。

    • 確認が遅くなり申し訳ありません。

      配布用のリンクの右上に、鉛筆のマークが出てくるということですよね。
      私のGoogleフォームでも、鉛筆のマークは出てきませんので、もしかすると、違うところを確認されているかもしれません。
      iphoneの場合は、上側に紙飛行機のマークがあって、これが配布用リンクを確認する場所になります。

      これで解決出来れば良いのですが、解決できない場合は、またご連絡いただければ幸いです。

  • Googleフォームで社内のアンケートを作成しました。
    自動的に集計されてとっても便利で助かりました。一部記述式の回答方法を取ったところで、同じ回答が偶然2つ寄せられたからなのか、今まで文章のみで表示されていた回答が突然グラフ化されてしまいました。
    ほとんど違う回答なので、非常に見づらい棒グラフになってしまったのですが、グラフ化されたものをもとの記述式で確認できるように直す方法はありますでしょうか。
    いろいろ探してみたのですが、見つかりません。
    わかりましたら回答お願いいたします。

    • お問い合わせありがとうございます。

      回答の右上の方に、緑色の十字のようなボタン(アイコン)がありますので、そこをクリックしてみて下さい。
      そうすると、表形式のデータになりますので、それで記述式の回答がでてくると思います。
      その方が集計もしやすいと思いますので、やってみて下さいね。

  • Googleフォームの作り方、とても参考になりました。ありがとうございます。

    さて、匿名性についてお聞きしたいのですが、社内アンケートを取ろうと思っています。内容が働き方改革で若干聞きにくいようなことも聞くことになるので、回答者に対して安心感をもってほしいと思っています。

    設定のところからメールアドレスを収集するにチェックを入れなければ、基本的には分からないようになっていると思うのですが、それをもって、匿名性は担保されると言い切っていいものなのでしょうか?Googleのページなどを見ても匿名とまで言い切っていなかったので、気になってご連絡しているところです。

    どうぞよろしくお願いします。

    たかはし

    • コメントの確認が遅くなって申し訳ございません。

      基本的には誰が投稿したかは分かりませんので、普通に使えば匿名ということになると思います。
      ただ、「投稿後の編集を可能にする」などの項目があるので、端末を特定できる何らかの情報がどこかに残っているとは思います。

      いずれにせよ、私は単なるユーザーで使い方を紹介しているだけですので、公式な回答はGoogleに求められてはいかがかと思います。

      以上、よろしくお願いいたします。

  • こんにちは、作り方を参考にさせて頂いています。フォームに「必須」を入れて赤色にしたいのですが、色のかえかたがわかりません。どうすればよいのでしょうか?

  • よろしくお願いします。 管理人さんのご説明に沿ってシュミュレーションをしてみました。

    https://gyazo.com/12ad00ca4fd5b0c07c8dcb1f107da55d

    起床の箇所がうまいこといきませんでした。これはどうしたことでしょうか

    またGフォームは階層は1つまででしょうか。

    このアプリ意外と使えそうですね

    • しばらく確認しておらず、返信が遅くなり申し訳ありません。
      時間の入力ですが、分の部分に値が入力されていないのでは?と思いますが、いかがでしょうか。
      さすがGoogle様で、使いようによってはメチャメチャ使えると思いますよ~

      • 回答ありがとうございます。

        >分の部分に値が入力されていないのでは?と思いますが、いかがでしょうか。

        了解しました。

        階層に関して簡単な質問していいですか。

  • はじめまして。パソコンは苦手でいつも苦労しています。
    アンケートの目的など依頼文を導入したいのですが方法がわかりません。
    教えていただけたらと思います。

    • 返信が遅くなり、申し訳ありません。

      アンケートの目的は、タイトルの下の「フォームの説明」という項目に記入すれば大丈夫です。

      よろしくお願いいたします。

      • 回答していただいてありがとうございます。
        アンケートは作ったのですが、自分のメールに送って回答した後、一番下の送信を押してみましたが送信されません。試しに編集画面の回答を押してみましたが0件の回答とでます。なぜでしょうか。
        それと質問数はいくつまでですか。韓国語でアンケートを作っても問題はないでしょうか。
        わからないことばかりですみません。

        • いえいえ、大丈夫です。
          現象がよく分かりませんので、作成されたアンケートを私まで送っていただいたら、確認いたします。
          yoshii@deskworklabo.xsrv.jp
          質問数は特に制約はないと思いますが、あまり質問が多くなると回答率が悪くなると思われます。
          韓国語でも大丈夫だと思います。
          よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    昭和48年広島県生まれ。現在も広島に住んでいます。 趣味は音楽鑑賞(邦楽、洋楽問わず、クラシック、童謡も)、マンガです。エクセルを効率的に使う方法を紹介して、あなたのお役に立ちたいと思っています。