Excelって難しい?おススメの学習方法を紹介します。

こんにちは、エクセル使いこなし隊 隊長の吉井良平です。

ブログを見ていただいた方の感想を見ていると、「エクセルって難しいからなぁ」というコメントがたまにあります。

やっぱりエクセルに苦手意識を持ってらっしゃる方も多いんだと実感しています。

 

 

なので、今回はエクセルって本当に難しいのか考えてみました。

また、エクセルのおススメの学習方法も紹介しています。

エクセルって、ウインドウズのパソコンだったら、多くの場合最初から入っているソフトです。言ってみればほぼ無料のソフトです。使いこなさないと、もったいないですよね!

エクセルって難しい?WHY?

 

なぜエクセルが難しいと感じるのか、まったく初めての方と、ある程度エクセルを使っている方に分けて考えてみました。

 

何をすれば分からない

 

エクセルで、新しくブック(ファイル)を作り始める時のことを考えてみます。エクセルのアイコンをダブルクリックして新規作成とした場合、こんな画面になりますよね。

excel-start

真っ白です

画用紙のように自由に書けるわけでもなく、原稿用紙のように文字を打ち込めば良いというものでもありません。

使い方が分からなければ、何をすれば分からないと言いたくなる気持ちも良く分かります。

 

逆に言うと、自分でいろいろ作りたいように作ることができるのがエクセルの良いところなのですが、自由すぎて悪い面もあります。

 

いろんな機能がある

 

エクセルには、いろんな機能があります。仕事で毎日エクセルを使っている方でも、使っていない機能がたくさんあります。

自分としては使い方に満足していても、他人が作ったエクセルを見て自分が知らない機能があれば、「難しい」と思ってしまうのではないでしょうか。

 

また、「便利な関数」「出来るだけマウスは使わないように」「ショートカットキーを活用しよう」「エクセルのマクロ機能を使ってみよう」などなど、「もっと便利に使えるよ!」とおせっかい(?)な情報がありますよね。

(このブログもそうなんですけど・・・)

確かにこれらの機能は便利なんですが、別に使わなくてもなんとか仕事はこなせてしまいます。

エクセルは自由度が高いので、人それぞれの使い方があって、それが逆にエクセルに対する苦手意識を作っているんじゃないかと思います。

 

 

実際にエクセルは難しいのか?

 

では、実際にエクセルは難しいのかと考えてみると、難しいとも言えるし、簡単とも言えます。

これでは答えになっていないので、もうちょっと考えていきましょう。

 

エクセルは仕事のツールです

 

エクセルは仕事で使うツール、道具ですよね。

なので、仕事が難しければエクセルも難しくなってくるし、仕事が単純であればエクセルも単純になってきます。

 

仕事のほとんどは算数

 

エクセルは、計算をするためのソフトです。

仕事で使う計算は、ほとんどが小学校の算数のレベルです。

 

売上は、1個1個の商品が売れたものを足し算して求めますよね。

経費も、一つ一つのお金を使ったものの足し算です。

利益は、売上から経費を引き算したものです。

 

足し算をする数が多い、大きいので複雑なように思えますが、基本は小学校の算数で教わった、足し算・引き算ですよね。

 

請求書を見てみると、商品の値段に個数をかけ算しています。あと、消費税の計算もかけ算です。

 

営業部員が8人の部署に、販促物(ポスターにしましょう)が100枚届きました。一人あたりは何枚で、何枚あまりますか?

というと、小学校の文章題のようですが、実際の仕事現場でこういったことは良くあります。

 

一般の会社員が仕事で使っている数字って、ほとんどが足し算・引き算・かけ算・割り算の、小学校の算数の世界なのです。

 

算数は簡単、なのでエクセルも簡単

 

繰り返しますが、エクセルは仕事のツールで、計算をするためのソフトです。仕事で取り扱っている数字を、エクセルで計算します。

仕事で使っている数字が小学校の算数だと思うと、エクセルも小学校の算数レベルということができませんか?

 

小学校の算数だと思えば、エクセルもそんなに難しくないですよね。

 

でも中学校の数学的なこともある

 

仕事のほとんどは算数の世界ですが、たまには中学校の数学的なことも出てきます。

 

これはある県の高校入試の問題ですが、

9km離れたところに行くのに、はじめの A kmを時速6キロで、残りを時速4キロで歩いて、2時間かかった。Aはいくらか?

という問題がありました。このぐらいの計算をすることは、仕事でもありそうです。

ベテランのAさんは、1時間に60枚伝票を処理できます。新人のBさんは、1時間に40枚伝票を処理できます。

90枚の伝票を処理するのに、午前中はAさん、午後はBさんが処理をして、合計2時間かかりました。Aさんが処理した伝票枚数は何枚ですか?

この2つの問題の計算式は、ほぼ同じになります。

 

エクセルも同じように、中学校レベルの知識が必要になってくる機能もあります。こうなってくると、ちょっと難しくなってきます。

また、算数も一つ一つの問題は簡単でも、「100問一気に2分以内に回答」と条件を付けられると、何問か間違えてしまうこともありますよね。

 

「エクセルが使いこなせる」というのは、中学校レベルのことに対応できるか、というのと同じ感覚です。

ちょっと難しいけど、義務教育の範囲なので、なんとか勉強すれば分かる範囲です。

 

 

やや余談ですが、一般の会社員で高校の数学レベルの仕事をすることは、まずありません。なので、エクセルもあまり難しいことを勉強する必要はありません。

また、自営業の方であれば、心置きなくエクセルの機能を究めれば良いのですが、会社員の場合はあまり難しい機能を使っても、周りの人から全く分からないエクセルファイルを作ることになってしまいます。

表現があいまいですが、エクセルの機能は「ちょっと便利」ぐらいまで勉強すれば十分です。

 

pc

おススメの勉強法

 

実際にエクセルを勉強する方法を紹介しますね。

「エクセルは時代遅れ」というようなことを言う人もいますが、エクセルは表計算の世界でここまで普及したソフトです。どんな企業でも、官公庁でも、エクセルは使われています。

たとえどんな新しいソフトが出てきたとしても、エクセルと互換性が無いソフトは普及しません。

なので、安心してエクセルを学習していって大丈夫です。必ず一生、役に立ちます。

 

まずは初心者向けの本を買う

 

初めてエクセルを使う方は、王道ではありますが、まずは「できる」とか「わかる」とか書いてあるエクセルの本を買いましょう。

値段は、1,000円~ぐらいのもので、パラパラと立ち読みしてみて、自分の好みにあったものを買えば大丈夫です。

 

今は500円のエクセル本もあって、紹介されている内容は十分良く出来ています。内容は十分なのですが、やはり500円でいろいろ詰め込んでいるので、一つ一つの機能に対する説明が少ないです。あまり初心者向けではありません。

むしろ 1,000円ぐらいの本で学習した後で、補助的に買ってみるのに向いています。

 

1000円ぐらいの本を買ったら、もう使い捨てと考えて、1ページ1ページをカッターで切り離していくのも良いでしょう。本のページを押さえながらパソコンの操作をするのは、結構面倒なのです。

1000円でエクセルの基礎が身につくのであれば、安いものです。どこまでやったかも一目瞭然になるので、バラバラにして、ページを見やすい状態にしてしまいましょう。

 

 

パソコンのホームページでエクセル入門というのもあります。

もしディスプレイのサイズが大きくて、左側にホームページ、右側にエクセルと画面を分割して表示して、不都合を感じないのであれば、ホームページで勉強するという手もあります。

(ちなみに、画面をちょうど半分に分割するのは、Windowsキーと矢印ボタンでできます)

 

重要なのは、学習した項目を、実際にエクセルに入力してみて試してみることです。実際に作業をしてみることで、エクセルの機能が経験として分かってきますよ。

まずは本の通りに入力して、次は中の値を変更してみてうまく動くか試すしてみます。自分で少し違うことをやってみてうまくいかなかった場合は、「なんでうまく行かなかったのかな?」と内容を見直してみます。

少々のことでは、エクセルのソフトは壊れません、というか、入力してるだけでは絶対に壊れません。

果敢にいろんな値を変更してみてくださいね。

 

スクールという手もある

 

全くの初心者で、周りにエクセルが使える人がいない、という場合は、スクールに通うという方法もあります。値段はちょっと高いですが、やっぱり実際に操作しているところを見た方が、分かりやすいですよね。

「スクールに通う時間がない」という方は、デスクワークラボのオンライン動画教室をご覧ください。忙しくてスクールに行く時間が無い方のために作ったコンテンツです。

私なりに、エクセルを少しずつ、着実に理解できるように作っています。

基本的には無料コンテンツですが、手頃な値段で、私に質問をすることもできます。

LP_sc_button

 

初心者向けの学習が終わったら

 

初心者向けの本を卒業したら、あとはとにかくエクセルを使っていくのみです。

 

ある程度の規模の会社であれば、エクセルを使いこなしている方がいるはずです。自分が見て見やすいな、早いな、と思う方のマネをしていきましょう。

周りにエクセルを使いこなしている方がいない場合は、私のサイトでもいろいろ作例を紹介していますので、マネをしてみて下さいね。

 

エクセルの機能に関しては、ほとんどの機能はWEBで検索すれば出てきます。

ただ体系的に網羅したい場合は、上級者向けの本を購入した方が良いです。(ちょっと高いですけど)

やはりWEBの情報は細切れで、自分が検索した情報しか手に入りません。「あ、こんなことができるんだ」ということを知るには、やっぱり本の方が向いています。

「あ、こんなことができるんだ」ということを知っておけば、使い方は覚える必要はありません。機能があることさえ知っておけば、WEBで検索したら使い方が出てきます。

 

気を付けておきたいのは、エクセルの機能というのは、単純に一つの機能というだけではないということです。いろいろ組み合わせてみると、相乗効果を発揮してきます。

例えば、「最初の1日だけ入力して、スケジュール表を作成するテクニック」では、日付の書式設定+WEEKDAY関数+条件付き書式+VLOOKUP関数という、4つの機能を組み合わせています。

「WEEKDAY関数なんて、曜日を数値で表すなんてしょうもない関数だな」と思っても、条件付き書式と組み合わせることで、土曜日と日曜日に自動的に色を付けることができるようになるのです。

 

こういった「機能を組み合わせて、実務での引き出しを多くする 」ことが「 エクセルを使いこなしている」ということだと、私は考えています。

単純にエクセルの機能ばかり知っていても、あまり意味がないのです。

この辺りは実務経験が必要なので、すぐにはマスターできないことですが、ぜひ使いながら身に着けていってくださいね。

 

中級以上におススメの本

 

「キレイな表やグラフを作る」という面に関しては、普通のエクセル本は向いていません。やっぱりエクセルが好きな人って実務的な人が多いので、あまり見た目にこだわらないんだろうな、と思います^^

なので、見やすい表を作るためには、エクセル本以外の本が参考になります。

この本はエクセルよりもパワーポイントやワード寄りの本ですが、「見やすいとは何か」が分かりやすく説明してあるのでおススメです。

エクセルのマクロ機能に関しては、どうも初心者向けで良い本が思い当たりません。普通の会社員が使うには難しすぎたり、逆に単純すぎて応用が効かないものだったり・・・

(私の知っている範囲なので、良い本があったらスミマセン。)

やっぱり、マクロの一番最初は、人から教えてもらうのが良いと思います。

私が行なっているオンラインレッスンでは、マクロ機能に挫折した人でも、かんたんなマクロが使えるようになっています。(お客様の声:中古車買取業の山本さん

やっぱり、集合セミナーよりマンツーマンレッスンの方が、確実に習得できるな、と感じています。

マクロの習得に挫折した方は、オンラインレッスンもご検討くださいね。(→サービス一覧のページ

 

最後に

 

それでもなお「エクセルは難しい」「エクセルの学習方法が分からない」という方は、無料でエクセル相談を受け付けています。(初回のみです)

ご希望の方は、お気軽にスカイプの連絡先申請をしてくださいね。

skypeid

 

2 件のコメント

  • 新しい職場でエクセルが使いこなせないのは厳しいと言われました。
    勉強せよと言われましたが、例えば、次の関数を使うような場合は、初級レベルですか?
    今の年齢は55歳です。今からエクセルの勉強かと思うと気持ちがブルーです。
    よろしくお願いします。

    VLOOKUP(D2,UPDS!B:I,4,FALSE)

    • 新しい職場で、環境が変わるといろいろ大変ですよね。

      私も(途中までですが)エクセル講座の記事を作っていて、下記のページを見ていただくと嬉しいのですが、
      VLOOKUP関数は、中級レベルの後半というイメージです。

      https://kantan-shikaku.com/ks/pc-mokuji/

      気持ちがブルーかもしれませんが、知っていて損はないと思いますので、何か楽しみを見つけながらやっていただければと思います。
      頑張って下さいね^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    昭和48年広島県生まれ。現在も広島に住んでいます。 趣味は音楽鑑賞(邦楽、洋楽問わず、クラシック、童謡も)、マンガです。エクセルを効率的に使う方法を紹介して、あなたのお役に立ちたいと思っています。