最適なセルの大きさとは?貴金属比を用いたエクセルテンプレート

こんにちは、エクセル使いこなし隊 隊長の吉井良平です。

 

「見た目がキレイなエクセル」の作り方という記事を書こうかと思いつつ、何が「キレイ」かは人によって違うので、そういう記事はなかなか書けません。(私なりの流儀なら書けますけど)

ただ、一般的に美しいとされているものを、エクセルに取り入れることはできるんじゃないかと考えてみたところ、セルの大きさに貴金属比を使ってみたらどうかと思い立ちました。

いざ黄金比や白銀比でエクセルを作ってみると、あまり実用性は感じられませんでしたが(^^)「神は細部に宿る」という言葉もあります。こうした細かいこだわりが、何かの役に立つかもしれません。

エクセルのデフォルトのセルのサイズは使いにくいですよね。

青銅比のシートは普通にテンプレートとして役立つと思いますので、ダウンロードしてご活用ください。

デフォルトのセルの大きさ

1901

新しくエクセルを立ち上げた時、新しいシートを作った時など、デフォルト(一番最初)のセルの大きさは、こんな感じで横長の長方形になっていますよね。

このセルの幅は、半角英数の文字が8文字入る幅になっています。(全角で4文字)

セルの高さは、使用するフォント x 約 1.2 倍 の高さになっています。使用する文字の7~8%が、上下の余白になるように調整されています。

参考までに:フォントの大きさ(ポイント数)と、自動調整されるセル幅の関係

1902

行の高さは、0.5ポイント単位で1.15~1.16倍で丸められている

最適な行の高さ

実際問題として、7~8%の余白だと、かなり行間が詰まっている感じがして、視認性が低いです。

行間の余白は、50~80%程度が適切なので、フォントサイズが11の場合は、行の高さは18ぐらいが適当です。この辺りは、ぜひマイクロソフト社に改善して欲しいところです。

行の高さによる見え方の比較

1903 
上下の余白が少なくて、確認しずらいですよね。
1904 
だいぶ読みやすくなりましたよね。

今回は、行の高さを18に固定したテンプレートを作成しました。

 

セルの大きさを貴金属比にしてみる

 

デフォルトのセルのサイズだと使いにくいし、かなり横長で美しくないので、一般的に美しいとされている「貴金属比」を使って、エクセルシートを作ってみました。

私はデザインのことはよく分かりませんし、数学的なことはなおさらよく分かりませんが、「貴金属比」とは、美的にも数学的にも美しいとされている比率です。

 

黄金比(1:1.618)

黄金比のエクセルシート

黄金比!

黄金比とは・・・理解できませんでした^^ ググって調べてください。

ともかく、

で導かれる、自然界でも見られる美しい比率なのであります。

ただ、作ってみましたがセルの幅が狭すぎて、エクセルシートとしてはこの比率は使えないのであります!

 

白銀比 (1:1.414)

白銀比エクセルシート

白銀比!

白銀比とは・・・1:√2 で導かれる、美しい比率なのであります!

これはなんとなく分かって、こういうことです。

ふだん使っているA4などの印刷用紙も、縦横比率がこの白銀比になっています。

 

・・・これも作ってみましたがセルの幅が狭すぎて、エクセルシートとしてはこの比率は使えないのであります!

まぁでもこちらの方は、白銀比のセルで表を作ったら、印刷用紙と相似形の表ができるということなので、なんらかの美しさにつながるかもしれません。

無理やり活用方法を考えたところ、カレンダーが白銀比で出来上がりました^^

1909

無理やり活用してみました^^

 

青銅比(1:3.303)

青銅比エクセルシート

青銅比!

青銅比とは・・・よく分かりませんが・・・

の計算式で求められる、美しい比率なのであります。

出来上がったエクセルシートも、縦横のバランスがちょうど良い感じです。

惜しむらくは、この青銅比があまりメジャーじゃない点ですが・・・

 

でも、今後は私のエクセルはこの青銅比シートをテンプレートにして作っていくことにします!

 

番外:方眼紙

方眼紙エクセル

方眼紙

エクセルを方眼紙にして使ってらっしゃる方も結構いらっしゃいます。

もちろん方眼紙状にした方が便利なこともあるので、時と場合によって使えば良いのですが、いつもいつも方眼紙にして使うのは考えものです。

方眼紙にすると、確かに見栄えの調整はしやすくなるのですが、1つのセルに値が入りきらないので、どうしてもセルの結合をすることになってしまいます。

セルの結合は、コピペがうまくいかなかったりと、作業効率が落ちるので、なるべくならしない方が良いです。

また、エクセルの計算式に対する理解が遅れるので、初心者は特にやらない方が良いです。

エクセルに慣れてきて、方眼紙にした方が便利だと判断した場合にのみ、使うようにしてくださいね。実際、地図を作ったりする場合には、方眼紙はとても便利です。

方眼紙を利用した記事: ドット絵を作る方法小学校の家庭訪問用地図フォーマット

 

テンプレートとして保存する

 

今回作ったようなフォーマットは、テンプレートとして保存しておくと、間違って上書き保存をしてしまう可能性が無くなります。

テンプレートとして保存する方法は簡単で、保存をする際にファイルの種類を「Excelテンプレート」にします。

テンプレートとして保存

テンプレートとして保存

このテンプレートを、デスクトップ画面にショートカットで置いておくと、次回から行列の幅変更をしなくて良くなるので便利です。

 

今回作ったテンプレート

 

黄金比、白銀比、青銅比、方眼紙の4つのシートが入ったテンプレートです。黄金比、青銅比はイマイチ活用方法が分かりませんが、良い活用方法があったら教えてください^^

ダウンロード

 

まとめ

エクセルは、デフォルトのセルのサイズでは使い勝手が良くないので、いずれにしてもセルのサイズを変更して使うことが多くなります。

毎回、セルのサイズを変更するのは面倒だし手間がかかりますので、テンプレート化しておくと便利です。

黄金比、白銀比は、あまり使う機会が無さそうですが、青銅比、方眼紙に関してはそれなりに使う機会がありますので、活用していただければ幸いです。

もちろん会社で決まった書式があれば、それに従ってくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

昭和48年広島県生まれ。現在も広島に住んでいます。 趣味は音楽鑑賞(邦楽、洋楽問わず、クラシック、童謡も)、マンガです。エクセルを効率的に使う方法を紹介して、あなたのお役に立ちたいと思っています。