マーチャンダイジングから考えるブログ運営サイクル

こんにちは、吉井良平です。

 

販売士の記事を作っていると、私が作っているブログに通じるものがあるな、と感じます。

今回は、「マーチャンダイジング」の考え方を、ブログに応用して考えてみました。

マーチャンダイジングとは?

 

マーチャンダイジングとは、小売業の店舗で行われている、商品に関連する一連の業務の流れのことです。具体的には、商品計画から始まって、仕入、販売、商品管理という流れになります。

mc

 

もちろん、この流れが全く応用できるわけではありませんが、ブログ運営をこれに当てはめて考えてみましょう。

 

ブログは、一般の小売業のように商品を仕入れて販売しているのではなく、商品(≒記事)は自分で作っています。

なので、ケーキ屋さんのように「自分で作ったものを販売しているお店」として考えると、イメージが湧きやすいですね。

 

(*)商品(≒記事)を、カタログ通販会社(≒検索エンジン)に出品している製造業という立場もあるのですが、それはまた別途考えてみたいと思います。SEOに特化したブログは製造業的で、自分のサイトを重視する場合は小売業的、ということが言えるかも。

 

商品計画

 

定義の応用

 

マーチャンダイジングでいうところの商品計画の定義は、「ターゲット顧客を定め、顧客ニーズを把握し、顧客から満足されるような商品構成を決めること」です。

この定義は、ほぼこのままブログ運営にも応用できますね。

「ターゲット読者を定め、読者ニーズを把握し、読者から満足されるような記事構成にすること」

ブログ、もともと単なる ”web-log” WEB上の日記だったものに、多くのアクセスを集めようとすると、ターゲットとなる読者を決める必要があります。

ブログの場合、ターゲットとなる読者を決めることを、「ペルソナの設定」と表現していることが多いですね。(ペルソナに関しては、”ペルソナ 設定 ブログ” で検索すると、たくさん良い記事があります)

 

アクセスを上げようと思うのであれば、読者のニーズにあった記事の構成にしていく必要がある、ということですね。

ちなみにこの「創作エクセル工房 素牛庵」は、エクセルを使っているけど、ちゃんと勉強したことはない、という方に読んで欲しいと思っています。

もう少しターゲットを絞った方が良いのですが、エクセルってなんにでも使えるだけに、ターゲットが絞りずらいのです。

 

商品構成の決め方

 

小売業の商品構成は、階層上になっています。ただ単純にアイテムを集めただけでは、売り場を作るのにも困るし、後から管理するのにも大変だからです。

 

16category

商品の階層

 

例えば、「ボンカレー甘口」だと、「食料品グループ - 加工食品デパートメント - レトルト食品ライン - カレークラス - 甘口サブクラス」に分類されます。

 

ブログの場合は、そこまで細かい分類は無いですが「カテゴリー - タグ」という階層があって、その下に個別の記事が並んでいる、というイメージでしょうか。

ただ記事を作るのではなく、こういう階層構造を意識しながら記事を作っていくことが必要だということですね。

 

品揃えの幅と奥行き

 

商品構成を決める際には、品揃えの幅と奥行きを考えていきます。

「浅く広く」(コンビニ型)

「狭く深く」(専門店型ー魚屋、肉屋、八百屋、自転車屋、本屋などなど)

「広く深く」(百貨店、ショッピングセンター型)

のどれを目指すか、ということです。

品揃えの幅と奥行き

 

ブログの場合は、個人がやっていることがほとんどなので、「広く深い」というのはよほどの超人か、よほどの年数を経ないと難しいですね。

広く浅い雑記型ブログを目指すか、狭く深い専門型ブログを目指すか、のどちらかになります。(ブログを開始した直後は、狭く浅いからスタートです)

 

価格設定・棚割

 

mc2

 

マーチャンダイジングの流れでは、商品の構成が決まったら棚割をしていきます。棚割(たなわり)とは、商品を顧客が見やすく、選びやすいように棚に並べていくことです。

(一応、例を挙げておくと、左側の棚Aは棚割されていない棚。右側は棚割をしてちゃんと並べた棚です。一段ごとに商品の種類がはっきりしていて、お客さんが商品を選びやすくなっています)

 

 

ブログで考えると、これは「ナビゲーションメニュー」またはトップページに該当します。

各記事がバラバラに掲載されてあるよりも、なんらかの分類で分けられていた方が、訪問していただいた方にとって見やすいですよね。

ブログの記事は新しいものからどんどん追加されていくので、過去の記事はほとんど見ることが出来ない、という非効率なことにもなりかねません。より多くの記事が目にとまるよう、工夫が必要です。

まとめ記事などを作るのも良いでしょう。

 

仕入・発注

 

mc3

 

マーチャンダイジングの仕入、発注は、商品をそろえていく作業です。最初に決めた商品計画にしたがって、商品を仕入れていきます。

 

ブログの場合は、記事を作っていく工程です。記事のネタを仕入れて、それを記事にしていきます。

マーチャンダイジングの考え方を応用すれば、「最初の商品計画に従って」という部分が重要です。ブログのターゲット顧客のニーズに合ったネタを仕入れて、記事を書いていく必要があるということですね。

あなたのお店が「ケーキ屋」であれば、「せんべい」を作ってもあまり売れないかもしれません。せんべいであれば、まぁお菓子つながりでアリかもしれませんが、漬物とか酢の物はケーキにそぐわないのでNGですよね。

浅く広くの何でも屋さんであれば、ケーキもせんべいも漬物も一緒に売っていても大丈夫でしょう。

 

販売計画とのリンク

 

マーチャンダイジングの仕入管理には、「仕入予算」があります。これだけの仕入枠で、これだけの売り上げを上げたい、という販売計画と、仕入計画がリンクしています。

これをブログに応用すると、よほどの超人でなければ1ヶ月に50本も100本も記事を作ることは難しいでしょう。自分のスケジュールと相談して、「今月はこういう分野で○本の記事を作る、○本の記事で△△PVを目指す」という考え方になりますよね。

自分自身の時間配分、資源配分が必要です。

 

 

ディスプレイ・販売

 

mc6

 

マーチャンダイジングでは、商品が届いたらお店に並べて、販売していきます。その際には、棚割で決めた方法で商品を並べて、ディスプレイしていきます。

商品は棚によって売れ行きが違ってくるので、販売効率を考えながらディスプレイしていく必要があります。
03032

また、商品ごとに、ディスプレイ方法を変えていったりします。

03061

 

ブログも、記事を並べて、読者さんに見ていただく状態にします。

記事の並べ方は、ブログで使用しているテーマの外観によって決まってくる部分が大きいのですが、いろいろとカスタマイズして、皆さん読みやすく、工夫されています。「あわせて読みたい」として関連記事を表示したり、「人気記事一覧」というものを表示させたりしていますよね。

記事ごとのアイキャッチ、サムネイルも、ディスプレイの一種です。このあたりを工夫することで、読者さんが見ていただく回数が増えるでしょうね。

 

価格変更

 

mc7

 

小売業の場合は、商品の売れ行きが悪い場合(在庫がダブついた場合)値下げして売り切ります。夕方になったら惣菜が安くなっていたり、アパレル関係でもバーゲンセールをやっていたりしますよね。

 

ブログの場合は、在庫(≒記事)がたくさんあっても、そんなに問題はありません。「ロングテール」がウェブの長所なので、何かの検索でひっかかることもあります。レンタルサーバーの容量も、大多数の人にとっては十分なんじゃないかと思います。

・・・が、あまりに読まれない記事は、リライトした方が良いでしょう。同じような記事がいくつもあれば、一つにまとめた方が良いかもしれません。

マーチャンダイジングでいうところの価格変更は、ブログに置き換えると記事のリライトになります。

 

商品管理

 

mc8

 

マーチャンダイジングでは、ある一定の期間ごとに、商品の管理をします。具体的には、販売管理(どれだけ売れたか)と、在庫管理(どれだけ在庫が残っているか)を、集計して分析します。

お店ごとに、週ごと、月ごとなど、分析のタイミングがあります。商品ごと(単品)、商品カテゴリーごと(商品構成の分類ごと)に、分析の階層もあります。

 

ブログでも、グーグルアナリティクスなどのツールを使って、記事ごとの実績管理をしていきます。

実績を分析して、また次の計画に反映させていく、PDCAのサイクルが重要です。

 

mc9

 

最後に

 

ブログ運営のサイクルを、マーチャンダイジングのサイクルから考えてみました。

ほぼ当たり前のことを書いているようですが、こうして並べて書いてみると、仕事のやり方というのは分野が違っていても、おおまかな流れは同じだな、と感じます。

小売業は歴史があって、なおかつ進んだ業界なので、まだまだWEB界隈、コンテンツマーケティングでも参考になる部分があるんじゃないかと感じました。

 

ブログをやっていると、ついつい毎日記事を更新することに気がいってしまい、在庫管理という考え方が薄くなってくるので、今後は分析をしっかりとやっていこう、というのが個人的に得たものです。

 

そういった分析ツールも作っていきたいと思います。

 

後日追記: グーグルアナリティクスを使って、記事の価値を判定する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

昭和48年広島県生まれ。現在も広島に住んでいます。 趣味は音楽鑑賞(邦楽、洋楽問わず、クラシック、童謡も)、マンガです。エクセルを効率的に使う方法を紹介して、あなたのお役に立ちたいと思っています。