エクセルの立ち上げ方(動画つき)

こんにちは、「仕事を楽に回そう」デスクワークラボの吉井良平です。

 

今回は「エクセルの起動方法」です。

「そんなの分かってる!」という方は、今回のレッスンは飛ばして次に進んでください^^

それでは、さっそく始めていきましょう!

(この記事は、エクセル初級編の第2回です。オンライン動画教室の一覧はこちら:無料オンライン動画教室もくじ

 

【スポンサーリンク】





今回の動画

*Office2016では、エクセルの位置がすべてのプログラム→Eの欄にあります。2016をお使いの方は、その点だけ動画と操作内容が違いますので、ご注意ください。

 

今回の教材

今回は教材はありません。

 

↓ 次のレッスン ↓

第3回:エクセルで使われている基本的な言葉を知ろう

 

メールマガジン申し込み(無料)

毎日1レッスン分のメールマガジンを受け取れるようになっています。

定期的に学習していきたい場合に、ご活用ください。

%e9%80%b2%e6%8d%97%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3

レッスンへの質問

レッスンに関するご質問は、下記のお問い合わせボタンからお願いします。

(なお、質問は月額1,000円で無制限となっています。事前にお申し込みをお願いします。)

お問い合わせ %e8%b3%aa%e5%95%8f%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3

【スポンサーリンク】




文字の書き起こし

 

今回から、実際にエクセルを使ってみます。

今回は初級編の第2回ということで、エクセルを立ち上げてみましょう。

 

今回のレッスンの目的

今回のレッスンの目的は、「エクセルを立ち上げることができるようになる」ことです。

 

エクセルの立ち上げ方

どうやってエクセルを立ち上げるかというと、デスクトップ上のエクセルのアイコンをダブルクリック、またはエンターキーを押します。

ダブルクリックというのは、マウスの左側をカチカチッと、短い時間に2回押すということです。

エンターキーでも大丈夫です。エンターキーは、キーボードの 「Enter」ボタンです。テンキーがついているキーボードだと、右側にもあります。

 

実際にやってみる

デスクトップ画面というのは、パソコンを立ち上げた時の、最初の状態(画面)です。

ここにExcelのアイコンがあると思うので、このアイコンをダブルクリックします。

最初、いろいろテンプレートが出てきますが、使えるものがあれば使ってください。だいたいは、空白のブックを選びます。

そうすると、エクセルが立ち上がりました。

エンターキーの場合は、アイコンを選択した状態で、エンターキーを押します。

 

デスクトップにエクセルのアイコンが無い場合

パソコンを買ったばっかりの時は、エクセルのアイコンがデスクトップに無いかもしれません。

その場合は、画面左下のウインドウボタンからすべてのアプリを選んで、Mの欄のMicrsoft Office に、エクセルがあります。

Micrsoft Officeには、2013 とか、Home Premiumとかいろいろバージョンがありますが、その中にExcelがあるはずです。

それをクリックすると、エクセルが立ち上がります。

 

アイコンが無い場合は、アイコンを作りましょう。

ウインドウボタン → すべてのアプリ → Microsoft Office → Excel を左クリックした状態で、グリグリッとデスクトップに持っていきます。(ドラッグ)

そうするとアイコンが出来るので、次からはこれをクリックすれば良いということになります。

 

アイコンは変なところにできるので、整列させたい場合は、デスクトップ上で右クリックして「並べ替え」をクリックすると、並べ替えされます。

 

ということで、今回はエクセルの立ち上げ方についてでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

昭和48年広島県生まれ。現在も広島に住んでいます。 趣味は音楽鑑賞(邦楽、洋楽問わず、クラシック、童謡も)、マンガです。エクセルを効率的に使う方法を紹介して、あなたのお役に立ちたいと思っています。