四捨五入、切り上げ、切り捨ての方法を覚えて、実務に役立てよう(動画つき)

こんにちは、「仕事を楽に回そう」デスクワークラボの吉井良平です。

 

今回は、関数の第一回目として四捨五入をするROUND関数を取り上げます。

ROUND関数は単に四捨五入をするだけでなく、実務面で応用範囲が広い関数です。

使い方の基本を覚えて、実務にいろいろ応用させていきましょうね。

(この記事は、エクセル動画教室の第25回目です。記事の一覧は「無料オンライン動画教室もくじ」から確認できます。)

 

【スポンサーリンク】




今回の動画

今回の教材

教材のエクセルファイルをダウンロードして、動画で紹介したワークをしてみてください。

ワークが無事できたら、次のレッスンに進みましょう。

ダウンロード

 

 ↓ 次のレッスン ↓

IF関数を使って条件分けをしよう

メールマガジン申し込み(無料)

毎日1レッスン分のメールマガジンを受け取れるようになっています。

定期的に学習していきたい場合に、ご活用ください。

%e9%80%b2%e6%8d%97%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3

レッスンへの質問

レッスンに関するご質問は、下記のお問い合わせボタンからお願いします。

(なお、質問は月額1,000円で無制限となっています。事前にお申し込みをお願いします。)

お問い合わせ %e8%b3%aa%e5%95%8f%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3

【スポンサーリンク】




四捨五入・切り上げ・切り捨て

 

今回は、エクセル中級編の第11回「四捨五入・切り上げ・切り捨て」です。

前回、関数の考え方について学習しましたが、関数講座の第一回目として「ROUND関数」という関数を取り上げます。

ROUND関数を使って、四捨五入ができるようになりましょう。

 

今回のレッスンの目的

 

今回のレッスンの目的は、「ROUND関数が使えるようになること」です。

ROUND関数が使えるようになると、四捨五入・切り上げ・切り捨てができるようになります。

 

一番良く使うのは、消費税の計算です。お金には0.1円単位というのが存在しないので、四捨五入なり切り捨てなりの処理が必要になってきます。

またROUND関数はとても応用範囲が広いため、価格決定や発注などの仕事に使うことができます。ROUND関数を使って、このような仕事を楽にしていきましょう。

 

ROUND関数の書き方

 

ROUND関数の書き方は、

=ROUND(数値,桁数)

 

です。引数(ひきすう)は、数値と桁数の2つあります。

これを日本語に訳すと、「数値を、何桁で、四捨五入する」ということになります。

四捨五入の場合は、「何桁で」という情報が必要になるため、引数が2つあります。

 

桁数の指定方法は、整数にする場合は桁数0です。桁数を0にすれば、整数になります。

小数点第一位までは1、第二位までは2、というように、小数にする場合は桁数を指定していきます。

反対に10の位で四捨五入する場合は-1、100の位の場合は-2と、桁をあげていく場合は桁数に-の値を指定します。

整数にする場合が0で、そこを起点に桁数を考えていきます。

 

関連する関数

 

ROUNDにUPをつけると、ROUNDUP関数という切り上げの関数になります。

ROUNDDOWNをつけると、ROUNDDOWN関数という切り捨ての関数になります。

この2つの関数は、ROUND関数の一種なので、一緒に覚えてしまいましょう。

 

ただ単に整数にするための場合には、INT関数というのも使います。(この場合は、切り捨てになります)

消費税の計算の場合は、INT関数を使った方が便利な場合があるので、こういう関数もあるということを知っておきましょう。

 

CEILING関数、FLOOR関数というのもあって、これは「商を切り上げ、切り捨てする」関数です。

ROUNDUPとDOWNを知っておけば同じことができますので、無理に覚える必要はありません。

割り算の結果を切り上げ、切り捨てする仕事がたくさんある場合は、知っておくと良いかもしれない、という程度です。

 

ワークの紹介

 

とにかく使ってみて、使い方を覚えていくのが大事だと思いますので、今回はワークの問題を多めにしています。

 

消費税の計算

消費税の計算は、四捨五入だったり切り捨てだったり、会社によってルールがあると思いますが、その規定に従って消費税の計算をしてみてください。

年代の計算

アンケートの回答で、「○○歳代」ということで回答をまとめていくことがありますが、そういった年齢のとりまとめにもROUND関数は使えます。(この場合は、ROUNDDOWN関数)

価格の計算

仕入れ値に○○%オンして売価を決める、定価から○○%下げてバーゲン価格を決める、ということも良く行われています。

そのような場合にも、ROUND関数が使えます。

発注の計算

発注をする場合に、発注単位がある商品もよくあります。必要数を発注単位にまとめる場合にもROUND関数(この場合はROUNDUP関数)が使えます。

 

このように、ROUND関数はいろんな業務に応用可能なため、ぜひ使い方をマスターしていってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

昭和48年広島県生まれ。現在も広島に住んでいます。 趣味は音楽鑑賞(邦楽、洋楽問わず、クラシック、童謡も)、マンガです。エクセルを効率的に使う方法を紹介して、あなたのお役に立ちたいと思っています。