コピーと貼り付け(コピペ)の操作方法 エクセル動画教室

こんにちは、「仕事を楽に回そう」デスクワークラボの吉井良平です。

 

今回は、コピーと貼り付け、通称「コピペ」を使う方法をマスターしましょう。

エクセルでは、同じ値、同じ計算式を、何行にもわたって使いまわすことがあります。そんなとき、毎回同じ値や式を入力するのは時間の無駄です。

コピーして貼り付ける方法をマスターして、効率よく仕事をしていきましょう!

(この記事は、エクセル動画教室の第11回目です。記事の一覧は「無料オンライン動画教室もくじ」から確認できます。)

 

【スポンサーリンク】




今回の動画

今回の教材

教材のエクセルファイルをダウンロードして、動画で紹介したワークをしてみてください。

ワークが無事できたら、次のレッスンに進みましょう。

ダウンロード

 

 ↓ 次のレッスン ↓

連続するデータを処理する方法

メールマガジン申し込み(無料)

毎日1レッスン分のメールマガジンを受け取れるようになっています。

定期的に学習していきたい場合に、ご活用ください。

%e9%80%b2%e6%8d%97%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3

レッスンへの質問

レッスンに関するご質問は、下記のお問い合わせボタンからお願いします。

(なお、質問は月額1,000円で無制限となっています。事前にお申し込みをお願いします。)

お問い合わせ %e8%b3%aa%e5%95%8f%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3

【スポンサーリンク】




文字の書き起こし

 

今回は、エクセル初級編の第11回、コピーと貼り付けです。

コピーと貼り付けは、コピー&ペーストということで、コピペコピペと言われています。

コピペの方法を覚えて、効率的な作業をしましょう。

 

今回のレッスンの目的

今回のレッスンの目的は、「コピーと貼り付けの操作方法を知る」です。

コピーと貼り付けができると、効率的に作業を行うことができます。

 

なぜコピーと貼り付けが重要なのか?

エクセルでは、何度も同じ値、計算式を使いまわすことがあります。

よくあるのは、合計や四捨五入などの計算式を、バーッとコピーして貼り付けることがあります。

同じことを何度も入力しなくていいように、コピペを使っていきましょう。

では実際に、やっていきます。

 

コピーと貼り付けをする方法

コピーと貼り付けをする方法には3つあります。

まず1つ目は、セルを右クリックする方法です。右クリックすると、「コピー」と出てきます。

 

2つ目は、リボンのボタンを使う方法です。これはあまり使いませんが、ホームタブに「コピー」というボタンがあります。

3つ目は、ショートカットキーを使う方法です。

ショートカットキーというのは、Ctrl + C でコピー、Ctrl + V で貼り付けです。

このショートカットキーを使うのが一番便利なので、基本はショートカットキーを使う方法で覚えておきましょう。

セルを右クリックする方法も使いますので、こちらもあわせて覚えておいてください。

 

 

実際にやってみる

では、実際にやってみます。

セルを右クリックして「コピー」を選択すると、コピーされるセルの周囲が、点線がグルグルと回った状態になります。

貼り付けるセルを選択して、右クリックして「貼り付け」を選択すると、値が貼り付きます。

これでコピーと貼り付けができました。

 

一応、リボンのボタンを押す方法もやってみます。「コピー」をクリックすると、セルの回りがグルグル点滅しはじめました。「貼り付け」をクリックすると、貼り付きます。

 

ショートカットの場合は、コピーするセルを選択した状態で、左小指でCtrlキーを押して、同時にCを押します。

これで、コピーされる状態になって、グルグル回り始めました。

今度は、CtrlキーとVのキーです。貼り付けするセルで、Ctrl + V を押すと、貼り付きましたね。

 

一番よく使うのは、数式のコピーです。

わざわざ同じ計算式を何度も入力しなくていいように、最初の一回だけ計算式を入力して、残りは貼り付けしていきます。

 

ちなみに、一回貼り付けを行っても、まだコピーするセルのグルグルは残っています。

このグルグルが残った状態だと、引き続いて貼り付けができます。

 

 

コピペが使えるのは、エクセルだけじゃない

Ctrl + C と、Ctrl + V のショートカットキーは、エクセルだけじゃなく、すべてのアプリケーションで使えます。

例えば WEBサイトでも、コピーする部分をドラッグして選択しておいて、Ctrl + Cを押して、ワードなどに Ctrl + V でさっと貼り付けたりすることができます。

WEBサイトなどの場合は、著作権に注意して、ちゃんとやりましょうね。

PDFファイルなどでも、ある程度コピーと貼り付けができます。

 

貼り付けは一つのセルだけじゃなくて、複数のセル(範囲)にも対応可能

大きな表の場合は、計算式をコピーして一つ一つのセルに貼り付けていると、結構大変です。

Ctrl + C でコピーを選択した後で、範囲を指定して Ctrl + V を押すと、一気に貼り付けができます。

 

 

今回のワークの紹介

今回のワークは、実際にコピーと貼り付けをやってみてください。

第3問は、1行目だけに計算式を入力して、2行目以降はコピペして貼り付けてください。

 

今回のレッスンは以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

昭和48年広島県生まれ。現在も広島に住んでいます。 趣味は音楽鑑賞(邦楽、洋楽問わず、クラシック、童謡も)、マンガです。エクセルを効率的に使う方法を紹介して、あなたのお役に立ちたいと思っています。