エクセルの関数の使い方を知ろう(動画つき)

こんにちは、「仕事を楽に回そう」デスクワークラボの吉井良平です。

 

今回は、エクセルで関数を使う方法をマスターしましょう。

「関数」というと難しく思うかもしれませんが、簡単に言ってしまうと、エクセルに対する「○○せよ」という命令です。

「合計せよ」「四捨五入せよ」等々、いろんな命令方法があって、これらの命令を使いこなすことで、エクセルの価値がどんどん上がってきます。

今回は関数の初回ということで、一番良く使うSUM関数(合計を求める関数)と、平均を求めるAVERAGE関数をマスターしましょう。

(この記事は、エクセル動画教室の第10回目です。記事の一覧は「無料オンライン動画教室もくじ」から確認できます。)

 

【スポンサーリンク】




今回の動画

今回の教材

教材のエクセルファイルをダウンロードして、動画で紹介したワークをしてみてください。

ワークが無事できたら、次のレッスンに進みましょう。

ダウンロード

 

 ↓ 次のレッスン ↓

コピーと貼り付けの操作方法

メールマガジン申し込み(無料)

毎日1レッスン分のメールマガジンを受け取れるようになっています。

定期的に学習していきたい場合に、ご活用ください。

%e9%80%b2%e6%8d%97%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3

レッスンへの質問

レッスンに関するご質問は、下記のお問い合わせボタンからお願いします。

(なお、質問は月額1,000円で無制限となっています。事前にお申し込みをお願いします。)

お問い合わせ %e8%b3%aa%e5%95%8f%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3

【スポンサーリンク】




文字の書き起こし

 

今回は、エクセル初級編の第10回、関数を使っていきましょう。

関数の使い方を覚えて、効率的な計算をしましょう。

 

今回のレッスンの目的

今回のレッスンの目的は、「基本的な関数の使い方をマスターする」です。

関数を使うことで、効率的な計算が行えるようになります。

 

 

関数とは?

関数とは何かというと、簡単に言ってしまうと、エクセルに対して「○○せよ」「○○しなさい」と命令することです。

例えば、「合計せよ」「平均を求めよ」「四捨五入せよ」等々、いろんな命令をすることができます。

この関数は400以上ありますが、実際の仕事で使っていくのは、普通の人であれば30ぐらいです。この30ぐらいの関数を組み合わせて、いろんな計算を行なっていきます。

今回はまず第1回目ということで、一番基本的な合計を求めるSUM関数、平均を求めるAVERAGE関数を使ってみましょう。

では実際に、やっていきます。

 

関数の入力方法

関数の使い方は、まず =(イコール)から入力します。

次に、関数の命令文を入力します。

その次に、各関数に必要な指示を、( )内に入力します。

 

このカッコ内に入力する指示のことを、引数(ひきすう)といいます。おいおい覚えていきましょう。

WEBで調べたり、本を読んだりすると、「この関数の引数は・・・」という記述があったりしますが、引数とは関数に対して必要な指示、というように理解しておいてください。

 

 

実際にやってみる

今回使うSUM関数は、SUMの後のカッコの中に範囲を入れます。AVERAGE関数も、カッコの中に範囲を入れます。

この範囲の部分が引数です。

 

実際にどのぐらい効率的かを比較してみますね。

この前にやった四則計算の場合は、一つずつ足し算しないといけません。これは非常に面倒です。

平均は、合計/データの個数で求めることができます。

面倒くさいだけじゃなくて、どれかを抜かしてしまうなどの、間違いが起こるかもしれません。

 

これを関数でやってみます。

まず =(イコール)を入力します。これは計算式と一緒です。

次に関数の名前を入れます。大文字小文字は気にしなくて大丈夫です。

途中まで入力したら、関数の候補が表示されます。ここにちゃんと出てくれば、その関数は存在する、入力間違いをしていないな、と分かります。

 

関数の名前を入れたら、次は( )を入力して、SUM関数の場合はここに範囲を入れます。

範囲の指定方法は、前回やりましたが、マウスをドラッグして指定します。

 

平均は、AVERAGEと入力して、その後の()内に範囲を入れます。

Shiftキーと方向キーでも、範囲を指定することができます。

 

合計はオートサムボタンもある

合計は良く使う機能なので、オートサムというボタンもあります。

これを押すと、エクセルが自動的に範囲に気づいてくれて、合計してくれます。

 

 

ダイアログボックスを使うこともできる

関数の入力に慣れないうちは、ダイアログボックスを使っても構いません。

ダイアログボックスは、数式バーのとなりに「fx」というボタンがあります。もしくは、数式タブにも関数の挿入ボタンがあります。

AVERAGE関数ぐらいだとあまり使いませんが、複雑な関数の場合はダイアログボックスを使うというのも、一つの手です。

 

F2キーで計算の範囲を見ることができる

入力の修正のところで、F2キーを使うことができるというのがありましたが、関数の入ったセルでF2キーを押すと、計算の範囲を見ることができます。

計算の確認のために使っていきましょう。

 

 

今回のワークの紹介

今回のワークは、実際にSUM関数、AVERAGE関数を使って、合計と平均を求めてください。

 

今回のレッスンは以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

昭和48年広島県生まれ。現在も広島に住んでいます。 趣味は音楽鑑賞(邦楽、洋楽問わず、クラシック、童謡も)、マンガです。エクセルを効率的に使う方法を紹介して、あなたのお役に立ちたいと思っています。